総量規制で主婦も借りにくくなった?

専業主婦でもカードローンは申し込めるの?

総量規制で主婦も借りにくくなった?

総量規制になった2010年から、主婦がお金を借りにくくなったというのは事実であります。

ニュースにもなったほどですが、年収等の条件が厳しくなり、以前に比べて借りにくくなってしまったという現状があります。

専業主婦の借りれる枠は大幅に減少し、専業主婦がローンを希望している場合には、配偶者の所得証明等が必要になる場合がほとんどになってきました。

また、主婦でパート等で収入がある場合にも、審査の時点で落とされてしまうことが多くなってきました。

正社員はほとんどが固定給ですので、毎月決まった金額の収入があり、返済できると判断されますので、ほとんどの場合審査に通ることができます。

しかし、主婦の人はパートやアルバイトで生計を立てている人もいるかと思いますが、変則性のシフト等が多く、毎月の収入にもばらつきがあることがとても多いです。

そのことから、金融会社側が毎月返済できるという見込みを立てることができず、審査で落とすことがとても多くなりました。

正社員で、なおかつ毎月一定額の収入がある人が借りやすく、パートやアルバイトをしている主婦や専業主婦等の収入が不安定・ゼロの人が借りにくくなってしまったのです。

専業主婦カードローン