専業主婦がカードローン審査に落ちる理由は?

専業主婦でもカードローンは申し込めるの?

専業主婦がカードローン審査に落ちる理由は?

専業主婦がカードローン審査に落ちる一番の理由が、安定した収入がないからです。

そもそもカードローンを組むということは、銀行や金融機関からお金を借りるわけですから、借金をするのと同じ原理です。

そして、借金をするということは、その後借りたお金を返さなくてはならないという債務が発生します。

債務が発生している間、銀行や金融機関側からしてみればお金を貸している状態ですから、利息とともに回収できる債権が発生します。

つまり、貸している側は、必ず貸したお金に金利を加えた総額を返してもらわなくては利益を上げることができません。

したがって、カードローン等で融資をする際には、必ず借りる相手のことを審査し、完済できるかどうかを判断したうえで審査結果を出します。

安定した収入のある人は返済できる見込みがあるため、ほとんどの審査で通過することができます。

しかし、専業主婦のように配偶者のみにしか一定の収入がなく、借りる本人にまったく収入がない場合、返済してくれる見込みを立てることが難しいと判断され審査に落とされてしまうのです。

専業主婦カードローン